上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝9:30の綾部。
霧の中を舞鶴に向けて出発です。

asa-071125.jpg


建部山を頂上まで3キロ、往復6キロを歩きます。
yamamiti-071125.jpg


建部山は,別名『丹後富士』と呼ばれ,標高316m、眼下には舞鶴湾が広がります。

足元には、ドングリが・・・
donnguri-071125.jpg


上を見れば、綺麗な紅葉です。
kouyou1-071125.jpg


kouyou2-071125.jpg


途中、見晴らしの良いところから
正面は舞鶴湾と五老ヶ岳
gorogatake-071125.jpg


左の方には、槙山(槙山砲台跡があります)
何か丸いものが見えます・・・
makiyama-071125.jpg

後でこの槙山にも上りますよ~

春にも写しましたが建部山の保塁砲台跡です。

dannyakuko-071125.jpg


今回は、中に入ってみました。
なんだか不気味な感じがします。

1-071125.jpg


天井にあるこの穴から、大砲を上へ上げたそうです。

2-071125.jpg


頂上で、丁度お昼の時間(^^)持って来たおにぎりやおやつで腹ごしらえをして
次は槙山へ!

mi-071125.jpg


                     ー続くー
スポンサーサイト
いよいよ建部山(タテベサン)へ!
「春には、コブシで山が真っ白になる」とオーバーな事を言う夫の
言葉を信じて、コブシの山へGO!です。

遠くから見た「建部山」です。
真っ白かぁ
建部山

まぁ、沢山咲いてることは咲いてるね!
夫ために弁解すると、裏側から見るともっと沢山咲いています。

ホラね!裏側からの建部山、白いのはコブシです。
拡大してみてください←ヤケに拘っていますね(笑)
周りには、これほどコブシの咲いている山はないです。
この山だけ!不思議です。
コブシ


昔はお城があったり、砲台が有ったりと一度は登ってみたい山だったし
ちょっぴりワクワクしながら、登山口へ

マップ


案内、拡大すると読む事ができます(^^)
案内


頂上まで3キロ歩くそうです♪
案内


このような道を、歩きます。岸にショウジョウバカマが咲いています。
道


ツツジも沢山咲いています
新芽を出している木もあってコントラストが綺麗です。

つつじ


丁度、半分登って来たみたいです。
道が緩やかなので、ぜんぜん疲れていません・・・
道


風がきつくて、山はざわざわと賑やかです。
シダの道を、花を眺めながら、鳥のさえずりを聞きながら歩きます。
コブシも咲いています。
コブシ


こぶし


コブシ


この花は、コブシではなくて「ニオイコブシ」でタムシバだそうです。
タムシバのことを「ニオイコブシ」って言うのねぇ(^^)
たしかに、ほのかな優しい香りがしますが・・・

可憐な花も咲いています。

白い花


小花


3分の2くらいは歩いたでしょうか?
見晴らしの良いところに来ました。
舞鶴湾が見えます。
舞鶴湾


道の上の方が明るくなりました!
いよいよ、頂上のようですよ~ヽ(´▽`)ノ

頂上です。
いきなり目の前に!何だコレは?
弾薬庫

これが弾薬庫なのね・・・

上に上がる、石段が有るので上がって見ます。
石段


これは、砲台跡のようです。
砲台


詳しくは、拡大してご覧くださいませm(_ _)m
itirann-0402.jpg


kouzou-0402.jpg


説明を書いておきます。
明治34年(1901年)の海軍舞鶴鎮守府の開庁により、舞鶴湾は、日本海側で初めての軍港として開港しました。
 海軍鎮守府の開庁に伴い陸軍は、舞鶴軍港を防衛するために、湾口の岬や市内への侵入路を見下ろす山の頂上に砲台を建造しました。陸軍が築いた砲台は6基で、舞鶴湾の東側に浦入砲台跡、葦谷砲台跡、吉坂(きっさか)堡塁砲台跡、舞鶴湾の西岸に金崎砲台跡、横山砲台跡などが現存しています。
 建部山堡塁砲台は、由良川を見下ろす建部山の山頂に建造されたもので、ここに設置されていた大砲は12センチカノン砲が4門で、レンガ造りの弾薬庫が5室、コンクリートの砲側庫が3室あります。これらはコンクリートと土塁で覆われ、地形を巧みに利用して外部から発見されにくいように工夫されています。
平成17年3月 舞鶴市教育委員会 僕と私の宝もの探し隊
以上、山頂の看板より

伊吹山

皆さま暑中お見舞い申し上げます。
ちょっと、サボっておりました

皆さまのところに、お邪魔しておきながらコメント残さず
読み逃げしていましたこと、ごめんなさいね・・・m(_ _)m

昨日は伊吹山へ登ってきました。
登ると言うほどの山では有りませんが・・・
お花畑を歩いてきましたよ!
標高1,260mの駐車場に車を置いて、40分山頂まで歩きます。

まるでありんこの行列です。

伊吹山
歩き始めから、もうお花畑のようなもんです。
花が、右にも左にも咲いています

コオニユリ
ibuki2-0805.jpg

サラシナショウマ
ibuki9-0805.jpg
まだ蕾ですが、もうすぐ真っ白い花を咲かせます。

蝶が花にとまっていました。
○○セセリ?と教えてもらいましたが。忘れた!(^^ゞ
ibuki6-0805.jpg

花や虫たちを、眺めたり写真を撮ったりしている内に
あっという間に山頂に到着です。

無事、山頂に到着!標高1,322mビールとカキ氷でかんぱ~い
ibuki3-0805.jpg

少し休んで、お花畑を散策します。
ibuki4-0805.jpg

ibuki5-0805.jpg
蝶も、花から花へ
ibuki7-0805.jpg

写真をクリックして、拡大できます。
ルリトラノオとクガイソウ
4-0805.jpg 1-0805.jpg

お花畑
2-0805.jpg 5-0805.jpg


お花畑を一回りしたあとは、1時間コースから
お花を楽しみながら、駐車場へと下ります。

お花畑の動画です。
↓気持ちのいい風が吹いています。



今日は、空気が澄んでいなくて遠くの山は霞んで見えませんでした。
琵琶湖も今日は見えません。
よく見える日は、北アルプスまで見えるそうですが、残念!!

帰りに滋賀県のマキノ高原にある温泉「さららの湯」で
汗を流しました。

福井県の高浜を通ったら、「スーパー大火勢」の日でした。

ラッキー!!
花火まで楽しんで帰りました(^^)v

hanabi10805.jpg

hanabi-0805.jpg

続いて土曜日です。
うさパラさんたちと別れて我が家に帰り
いい天気だし、但馬高原へ行く事となりました。

お弁当は、作らないで兵庫県に入ってから「たいこ弁当」で
仕入れることにしました。

目的地の「但馬高原植物園」
千メートル級の山々の連なる「氷ノ山後山那岐山国定公園」にある瀞川平(とろがわだいら)にあります。

国道9号線から、瀞川平へ向けて景色のよい道を登っていきます。

20分ほど走ると到着です!
この高原は、我が家からは少し遠いけれどお気に入りの場所なので
度々出かけます。

売店とレストラン(ヒュッテブルンネン)

tajima1-0603.jpg
ここで、千年水で入れたコーヒーがいただけます。

お弁当は、指定のところで食べないといけないのです。
でも、とってもいい場所です!軽井沢の高原に負けないよっ!

tajima-0604.jpg
こんな庭がほしいよ~


お弁当も終わって「腹ごなし^^;」に散策です。
下界は暑かったのに、木陰の小道は爽やかな風がそよそよ・・・と吹いています。

tajima2-0604.jpg



樹木はまだ新緑・・・下界よりもやはり少し遅いです。
木の葉っぱを見ていると、いろいろな形があって面白い!

朴ノ木
hou-0604.jpg

栃ノ木
toti-0604.jpg
お日さまに透けて綺麗です!
ここに来るといつも、この葉っぱたちを
上を向いて写している気がします^^;
朴ノ木と栃ノ木、似ているけれど違うね!!




散策にも、チョット疲れてきたのでベンチで一休み・・・

どこで休もうか?

kouen4-0603.jpg

ここもいいね!

kouen3-0603.jpg

ここにしようっか!(^^)

kouen2-0603.jpg

こんな花も!!
hana-0603.jpg


ウグイスが彼方此方で囀っています。
カケスも目の前の木までやってきました!
耳を澄ますと、遠くでキツツキのドラミングの音も聞こえてきますよ~
あぁー!癒される~

30分ほどベンチでのんびりしました。

いつまでも、ここに居たい気がします・・・
でも、かなり遠くまで来ています。
そろそろ帰りましょう・・・


山を下りる時にみた、段々畑じゃない「田んぼ」
美しい・・・

tannbo-0603.jpg


オマケ・・・山で出会った花たち

やっと会えました!
ハナイカダ(花筏)です。
いつも花の時期を逃していました。

ikada1-0603.jpg 
今日は、バッチリ咲いていました。

ikada2-0603.jpg

オマケのオマケ^^;
こんな、葉っぱも!
子供のぞうりに見えない?

zouri1-0603.jpg

おわり
最後まで見てくださって有難う!!


頼光(らいこう)の鬼退治で有名な大江山へ登ろうと近所のご夫婦二人と我々夫婦で出かけました。
AM9:00我が家を出発。加悦町側から「大江山憩いの広場」を目指しました。
憩いの広場には、「メダカの学校」など見たりして、道草をしながら1時間半ほどで到着しました。

続きを読む>>

強調文

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。