上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
は顔をを出しているのに、さむ~い
氷がはっていました~、まだまだ手袋が必要です。
いちごを買いに、いちご農家へ行ってきました。
ちょっと、お土産に持っていくのですぅ。

我が家から、広域農道を福知山方面へ10分位の所に有ります。

ハウスです。ここで売っています。

ハウス


ハウスの中をちょっと覘いてみましたよ!
イチゴの甘~い香りがすごい!いい匂いです
ホラ!ホラ!生っていますね!(^^)

いちご


収穫されたイチゴ

いちご


ハウスの上のハウスで選別してもらいます

ハウス
↑この人、ずいぶん沢山買って行きました(笑)

ハウスに上がって行って、ビックリ!
私の前に3人並んでいます。
それが、4パックとか8パックとか申し込んでいます。
私も5パックなんですが^^;
3人で、選別されていますが一人が沢山買うので
結構待ちました。

やっと、私の順番が来ました。やれやれ・・・
オマケに、上等のレタスを頂きました。←太っ腹っ!
スーパーでいくら沢山買っても、オマケなんてくれないよね!

1パックは私の分でした。
家に帰って、開けてビックリ!
スパーの1パックよりも、すごく沢山入っています。
大粒なのに、それで500円也!
安すぎです。私が買い終わってみると4人が待っていました。
そりゃ、みんな買いに来るはずだわ。

午後は、いつもの堤防へ散歩←いちおう運動です。

ナズナが、集団で咲いていました。
かわいいね!

ナズナ


アオサギも、恋の季節ですか

アオサギ


ずいぶん遠くまで来ました。石原駅が見えます・・・
小貝橋、もうすぐ完成ですね!
この黒いのが、橋ですが府道とドッキングするのでしょうね!

小貝橋

スポンサーサイト

コメント

小貝橋

なちかし~い
語るも涙
て、うさパラさんにやったのが一年程前だったかな
小貝橋付近に鯉釣りに行っていました
真面目に年券五千円も払ってました
川で鯉釣るのになんで金が要るの?
たって、ノラさんに愚痴ってもねえ

ナズナ粥

 ここの地元新聞にナズナ粥は胃に良いと出ています。
こんなぺんぺん草食べるのかと思いましたが
春の七草ですね。若いうちは美味しいんでしょうか?
 イチゴは安くどっさり、お楽しみですね。レタスは出来すぎて困っているんでしょうか?

横合いから・・・我太郎様

横合いからすみません。

まったく同感です。私も川の近くに住みながらこの川で釣りをしたことはほとんど有りません。金を取られるのが嫌なのです。それで、海へ行くのですが最近では海岸でも「シェンエン、千円」と言いながら近所の人が駐車料を取りに来ます。
まったく、住みにくい世の中になったものです。

私も二十年程前になりますが、小貝橋の上手で50㎝位の鯉を夜釣りで釣った事があります。私にとって超大物でした。大きな鮒は当たり前に釣れました。

しかし・・・、ご存知かも知れませんが。
今では、河川改修の結果川相が変わってしまい、かっての釣りポイントはもう有りません。

世の中は何が常なる飛鳥川
 昨日の淵ぞ今日は瀬となる

ですね・・・。

http://www.eonet.ne.jp/~art-morinotokei/
 ↑
森の時計のリンク先です
ギャラリー喫茶で、ツゥー太郎のお気に入りの
お店です
我が家から車で30分です

鯉釣り

ここのいちご農園、私も目を付けていたんですが、なんか高そうな気がして、足が向きませんでした。
安いんですねぇ。でも早いモン勝ちですな。

我太郎さん、塩見さん、鯉釣りは私も以前ハマってましたよ。
平成10年に京都鯉友会の主催で「由良川野鯉釣り大会」がありまして、3日間の開催期間中に私だけが61cmを釣り上げて、見事優勝してしまいました。
親父の古いグラスロッドと適当に作った仕掛けだったので、まさに運だけで釣った感じです。
その時の魚拓とトロフィーと、副賞で頂いたスピニングリールもありますよ。
会長のお誘いで私も会員になり、メーター級を目標に頑張ってましたが、結局72cm止まりで、終いに飽きてきて退会しました。
会長が位田で釣った100cm超えの魚拓が、釣具店に飾ってあります。
鯉釣りは技術よりも忍耐の釣りだと実感しました。

おおものは・・・

皆々さま、こんばんは~

えぇ~ コホン
お話に出ている「小貝橋」のすぐ前で生誕し、18年間暮らし、その後は(主に)綾部市街地に、一昨年まで居住していた者です~♪
よくぞ話題にして下さいました

それにしても、ノラさん、イチゴ買いと小貝橋は同じ日の・・・、
あ、そうか、午前にイチゴ買い、午後にウォーキングで同じ方角だったんですね
このイチゴハウスはシーズンには観光バスも来て賑わってますね
私、入った事が無いですわ  いつも横目に見て通り過ぎ・・・です
そんなに安い・・・んですか  こんど通ったら覗いてみようかな
それにしてもイチゴの箱が色々な産地や名前・・・ですが、そこのイチゴとして決まったブランドにはしていない・・・んでしょうか?
「○○いちごファーム」の字は読めるんですが・・・

由良川、犀川では小学校時代(昭和30年ごろ)に夏休みの水泳、水遊び、魚捕り、そして、女の子にしては珍しいと思いますが1人で魚釣りもしたりしてました
実家が酪農家だったのでエサのシマミミズの活きのいいのが産直でした(笑)
兄が前の夜から鉄砲ミミズとバクダンを仕掛けて、翌朝早くにかかったウナギを捕りにも連れていってもらいました
昭和40年台には東映映画の時代劇「源義経」のロケで北大路欣也、伊藤雄之助、他の俳優や馬たちが来て小貝橋のすぐしもの瀬から河川敷(牧場側)へ駆け上がるシーンの撮影でした
北大路欣也は実際の川の中の乗馬はせずにスタントマン、そして上がった草地で本人が映るわけですが、水から上がってきたことにしなければならないので、撮影スタッフが欣也さんの衣装に水をパッパとかけてましたよ~

ふたつの川の合流点では台風による洪水の歴史もありました
でも、川の豊かな風景や恵みも共にありました
はい、そんなロケなんかも・・・でした

老いて酪農をやめた父は鯉釣りをして、珍しく大物が釣れた時の魚拓&父の得意面の写真が実家に貼ってあります
その父の七回忌も昨年に済み、味気ないような景色ばかりが広がっています

おおおおおぉ

なつは 10年前 結婚して 3年間石原に住んでました。同じアパートの人たちと 1回行きたいね てはなしてたのですが いまだに 行けてません・・・ 今住んでるところの 近くにも いちご農園があり 子供たちは 今度お別れ遠足で イチゴ狩りに行きますよ。イチゴ I ιον∈ Υου.....φ( ̄∇ ̄*) 
追伸 かっちゃん 元気なのね よかったw

我太郎さま

ホント!
子供の頃は、魚釣っても網ですくってもお金要らなかったです。
と思っていたけど、必要だったのでしょうか?
鮎は、鑑札がないととってはいけないとか聞かされていましたが・・・
昔は、どうだったのでしょうね?

小貝・もう一題

私には小貝についてもう一つ思い出が有ります。

小学校に入学した頃だったと思います。私は小貝から4~5k下流に住んでいますが、府道で遊んでいると空荷の「ベタ」が通りかかりました。ベタというのは荷馬車のことで、当時トラックと同じように荷馬車も活躍している時代でした。
そのベタに付いて歩いていると、そのベタ引き(御者)が乗せてやるというので仲間2~3人で乗せてもらいました。少し行くと私達子供には目馴れない新しい世界が広がってきてすっかり楽しくなり、景色を見ながら1時間以上も乗っていたのではないかと思います。

橋のたもとの小屋(水車小屋?)の所まで来ると、そのベタ引きは「ここで待っていな、すぐ帰って来るから、そしたらまた乗せて帰ってやるから」というような事を言って私達を降ろしました。

私達は何時間も待ちましたがベタは帰っては来ません。そのうち、暗くなってきました。仕方がないので歩いて帰ることになりました。真っ暗な道を子供だけで歩いて帰るのは心細かったと記憶しています。

ようやく帰り着いて家へ入ると電灯が明るく、まぶしく感じました。親は心配していた様子はありませんでした。

中学生になって、自転車でウロウロするようになり、その小屋が犀川に架かる橋のたもとの小屋だった事を知り
ました。(その小屋はもうありませんが)

そして、大人になり、芥川竜之介の「トロッコ」という短編を読んだ時、アツ、同じだと感じました。

散輪坊さま

ナズナは、七草粥にしか使いませんが(^^)
集団で咲いていて、真っ白できれいでした。

イチゴと一緒に、ちょっとした野菜も売っていますが
レタス、すごい豊作の様子でしたよ。
一応100円で売っていますが、スーパーよりも安すぎです。
最近イチゴも、冬から春先が旬になりましたね。
昔は5月頃だったと思いますが・・・
地のものと言われるものが、少なくなりました。

丹波の忠太郎さま

ほんと「ツゥー太郎」さんだ!アハハハ
「森の時計」さんのサイト見せていただきました。
ワクワクしてきました。
一日中いても、いい!なんて嬉しいなぁ。
一人で行くか?友人と行くか?夫と行くか?
わぁ~、どうしよう?

結構、一人遊びも出来るんですv-221

小貝橋

我太郎さま、塩見さま、かつあきくん、うさパラさま

小貝橋で、やけに盛り上がってますねv-411
それならもっと、きれいに橋や川も撮って置けばよかったわん!
えー、何を隠そう実は、
わたくしも子供の頃は川で魚釣り、魚すくいは年中やっておりました。
っても、ショボイ上林川ですが(/_;)

あっそうそう、息子は由良川で鯉釣りして育ちましたよ(^^)v

うなぎは、大雨の後の川へ兄が浸け針をしかけまして
よく獲っておりました。
んなわけで、川での魚釣りの話なら、結構ついて行けますぞ~

そうそう、位田橋の下に鯉がゆらゆらしていますよ。
大きくは有りませんが^^;

「小貝・もう一題」の塩見さま

 その小貝町のヘソ生まれの56歳です
どうぞよろしくお願いいたします

・・・で、さっそく横ヤリお邪魔いたします
水車小屋・・・はいはい、私の生まれた町内です
小屋と言っても他の作業や米や野菜の集荷所にもなっていてけっこう大きな建物でしたね

私たち子どもも田植え~稲刈り~稲木架け~脱穀と手伝って獲れたお米の精米がここでした
水車動力から、あとは電機動力になり、度重なる水害による堤防新設補強で、撤去⇒移転となりました

・・・その4~5k下流・・・と言うと福知山市ですね
小貝橋が開通すると高津駅やKR病院にもクルマで直結ですね

洪水による小貝橋不通の度の渡し舟・・・覚えておられ・・・るでしょうか?

材木を積む荷車を馬が引っ張ってた時代もありました
「ロバのパン屋さん」「アイスキャンデー屋さん」も楽しみでした

うさパラさま

イチゴは、色々な箱で笑っちゃいますね!(^^)!
よく分かりませんが、出荷はされていないんじゃないですかね?
今年は、ハウスも増えてすごい規模になっています。

東映映画の撮影に来たって、すごい話ですね!
あの頃の欣也さんは、ステキでしたよ。
でも、今はいやな役やってますねぇ。って見てない?

うさパラさんの、魚釣りはその頃から・・・なのね!
年季が入っていますね(笑)
私も、夫が仕事辞めたら海釣りに挑戦したいと思っています(^^)v
自給自足を夢見てまして♪

*味気ないような景色ばかりが広がっています
昔と比べれば、本当に何処に行ってもガッカリ
「春の小川」は、見当たらないです(/_;)

居心地の良いノラさんち♪

きょうは楽しいブログ日和でしたわ~

   v-109 v-109 v-109 v-109 v-109      

natuさま

あそこのイチゴ農園ね
春休みになったら「イチゴ狩り」はじめると
おっしゃっていましたよ。

でも近くに有るんだったら、いいね!
そこって、真冬でもやっているってとこですか?

イチゴは

うさパラさん、かつあきくん
イチゴ農園に買いに行くのだったら
遅くなると実が小さくなって美味しくないよ。
去年は、もう終わりごろに行ったので
美味しくなかったわん!

時間は朝から、買いに行かれるので遅くなると
良いのないかもですよ~

自給自足?

自給自足とは考えが甘すぎます。
普通の場合、スーパーで買った方がうんと安くつきます。
海の魚も釣師大歓迎だと思いますよ。だって、食べ物はたくさんもらえて、命を取られる事は滅多にないのですから・・・魚が交通事故に遭う確率の方が多い位ですから・・・。

塩見さま

今頃に、コメント気がつきました。
今度このコメントに、塩見さんが気がついてくれないかもです(^^ゞ
そうかぁ、海釣りはそう簡単に素人には釣れないかぁ・・・
海ではないんですが、川で「寒バエ」釣りがしたいです。
っていうか、「寒バエのから揚げ」いただいたら美味しくて
いつか釣りにいこうと思って10数年たっていますが・・・

「釣りバカばぁさん」目指そうかな!うひひ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。