上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ建部山(タテベサン)へ!
「春には、コブシで山が真っ白になる」とオーバーな事を言う夫の
言葉を信じて、コブシの山へGO!です。

遠くから見た「建部山」です。
真っ白かぁ
建部山

まぁ、沢山咲いてることは咲いてるね!
夫ために弁解すると、裏側から見るともっと沢山咲いています。

ホラね!裏側からの建部山、白いのはコブシです。
拡大してみてください←ヤケに拘っていますね(笑)
周りには、これほどコブシの咲いている山はないです。
この山だけ!不思議です。
コブシ


昔はお城があったり、砲台が有ったりと一度は登ってみたい山だったし
ちょっぴりワクワクしながら、登山口へ

マップ


案内、拡大すると読む事ができます(^^)
案内


頂上まで3キロ歩くそうです♪
案内


このような道を、歩きます。岸にショウジョウバカマが咲いています。
道


ツツジも沢山咲いています
新芽を出している木もあってコントラストが綺麗です。

つつじ


丁度、半分登って来たみたいです。
道が緩やかなので、ぜんぜん疲れていません・・・
道


風がきつくて、山はざわざわと賑やかです。
シダの道を、花を眺めながら、鳥のさえずりを聞きながら歩きます。
コブシも咲いています。
コブシ


こぶし


コブシ


この花は、コブシではなくて「ニオイコブシ」でタムシバだそうです。
タムシバのことを「ニオイコブシ」って言うのねぇ(^^)
たしかに、ほのかな優しい香りがしますが・・・

可憐な花も咲いています。

白い花


小花


3分の2くらいは歩いたでしょうか?
見晴らしの良いところに来ました。
舞鶴湾が見えます。
舞鶴湾


道の上の方が明るくなりました!
いよいよ、頂上のようですよ~ヽ(´▽`)ノ

頂上です。
いきなり目の前に!何だコレは?
弾薬庫

これが弾薬庫なのね・・・

上に上がる、石段が有るので上がって見ます。
石段


これは、砲台跡のようです。
砲台


詳しくは、拡大してご覧くださいませm(_ _)m
itirann-0402.jpg


kouzou-0402.jpg


説明を書いておきます。
明治34年(1901年)の海軍舞鶴鎮守府の開庁により、舞鶴湾は、日本海側で初めての軍港として開港しました。
 海軍鎮守府の開庁に伴い陸軍は、舞鶴軍港を防衛するために、湾口の岬や市内への侵入路を見下ろす山の頂上に砲台を建造しました。陸軍が築いた砲台は6基で、舞鶴湾の東側に浦入砲台跡、葦谷砲台跡、吉坂(きっさか)堡塁砲台跡、舞鶴湾の西岸に金崎砲台跡、横山砲台跡などが現存しています。
 建部山堡塁砲台は、由良川を見下ろす建部山の山頂に建造されたもので、ここに設置されていた大砲は12センチカノン砲が4門で、レンガ造りの弾薬庫が5室、コンクリートの砲側庫が3室あります。これらはコンクリートと土塁で覆われ、地形を巧みに利用して外部から発見されにくいように工夫されています。
平成17年3月 舞鶴市教育委員会 僕と私の宝もの探し隊
以上、山頂の看板より
スポンサーサイト

コメント

ノラさん
建部山
マイズルですか? アヤベですか?
砲台跡地見たいです
我太郎さんと一緒に登りませんか?

丹波の忠太郎さま

建部山は、西舞鶴です。
登山口は、とれとれセンターの先の「舞鶴ジャンボリーゴルフ」のところの信号を右折してすぐです。

でも、我太郎さん伊丹へ帰られるのではないですかぁ?
私は、毎日サンデーですのでご一緒できますよ~(^^)v

近所で行きたい人がおられますので
一緒に誘って行ってもいいですが、どうでしょうか?

香るのはタムシバ?

 運動公園にコブシと思っている木が三本あります。
少なくとも二本は、花の香りがいいです。
これはコブシではなくてタムシバなんでしょうか?

散輪坊さま

山の木に、名札がかかっているのですが「タムシバ」と書いてありました。

あるサイトに、花の付け根に葉っぱがあればコブシで
ないのが、タムシバと有りました。

我が家のコブシの花にも、建部山の花にも葉っぱがありました。

タムシバは、花弁が6~9cm、コブシは3.5~6cmと有りますから
葉っぱはありますが、花の大きさからタムシバと思います。

ずっとコブシと思っていたのが、タムシバだったようです。

地方によっては、タムシバをコブシと呼ぶところもあると書いてありますし・・・
ややこしいですねぇ。

匂いはどちらにもあるそうです。
後は、葉っぱの形が違いますね。

散輪坊さんも、花の大きさを見てください。
私は、ほんとうのコブシは見ていないかも!です。

読み応えあった~!

誰みても富士とやいはん建部山
昔から風光明媚な小高い山だったんですね~。
コブシで真っ白とはいかなかったけど
裏から見たら白い白いv-344
もしかして暖冬のせいでコブシの開花にも影響が
あったのかな??
小池はルートにはなかったね。
陸軍に埋められちゃったんだろうか。
明治32年に作られた設備にしては古びてないような
気がしました。
土塁で覆われていたみたいだから保存効果があったのかな。
登っても疲れない傾斜みたいで森林浴にいいですね!

全山コブシ

ノラさん 情報色々ありがとう

全山たあちぃとオーバーだったなあ
コブシもいいけど小鳥はどうなんだろうか
ジジババでも登れそうなので嫁さん誘って登ってみようかな
かね和、とれとれ市場はよく行きます
ついでにちょろっとで登れそうですね

我太郎さま

お早うございます~。
お尋ねの小鳥は「シジュウカラ、ヤマガラ、ウグイス、コガラ(ハッキリしない)などがいました。
頂上では「コゲラ、トンビ(沢山舞っていました))くらいです。

風の強い日でしたから、鳥たちも巣の中に隠れていたのかも知れないですよ!

我々のほかにも、ご婦人3にん、親子4人、仲良し若者2人、男性1人と出会いました。
どうも近所の方は、気軽に登っておられるようですわぁ。

見事&綺麗な舞鶴レポート

ノラさま

この山、いつも地道や遠方から見ているだけです
舞鶴と言えば、娘の住まい、そして白杉海岸は毎年家族で魚釣りに行ってます
この季節ならではの、ごま塩アタマの「建部山」、そして可憐な花々を有難うございます~

ちなみに我がシロオッサンはごま塩アタマでなくて白い粉を吹いている・・・少なめの塩吹き昆布・・・ってとこかなあ

あきたん

お返事大変遅くなってゴメンなさいねぇ。
あきたんの分、とばしてたみたい・・・お許しをv-436
>裏から見たら白い白い
有難うね、白く見てくれて(^^)
来年、真っ白な時にもう一度写してみるね!

小池はなかったですぅ。
弾薬庫は、不気味でした。
316メートルの山へ資材を何で運んだのでしょうね?
結構広い道だったし、大八車かな?(^^ゞ

今は平和で、良かったよね。

ニヒッ

お返来た~v-344
ノラさん歴史観光地案内記事おもしろいよ~!
また次もやってね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。